【おさいほう】菊綴じの作り方

水干についている補強のための飾りの作り方。
実物を実際に見たことがないので本当の作り方はわかりませんが、時代衣裳の本を参考に作ってみました。


上記の白の菊綴じは100円均一で購入したレース編み用の糸。

オレンジ色のものはジーパンなどのステッチ(飾り縫い)のミシン糸20番を使ってみました。
280円のもので直径5cmのものが5つ作れました。


6cmの厚紙に200回ほどまきつけてください。


ぐちゃぐちゃにならないように外してください。


中央を糸で縛ってください。


巻いた糸の上下を切ってください。


結び目を基準に糸が抜けない様に放射線状に広げてつぶしてください。



糸が抜けないようにピケを塗ってください。
洗濯しないならば裏から少し薄めた木工用ボンドでの補強でもいいかも。


フチをそろえるためにコンパスで紙の丸を作ってください。



中心を合わせて、チャコペンなどで印を付けてくささい。

厚紙で作れば厚紙をつけたまま厚紙にそって切ってもよいです。


ぞるように書くと糸が動いて書きにくいので、点を打つ感じで印を付けると書きやすいです。


線の内側をはさみで切ってください。
切りそろえて、手縫いで縫い付けてください。
本を見ると補強と書いてあるのですが、私はミシンで縫ってしまうので補強の必要が特にないので、洗濯のことも考慮して、ボンドでスナップボタンを裏に付けて簡単に取り外しが出来るようにしました。

関連ページ

水干もどきの型紙

甚平の型紙

コスプレ用袴もどきの型紙
多季史や詩紋、深苑等に使える狩衣風の型紙

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする