布に糸で印をつける方法 切りじつけの仕方

チャコペンもチャコペーパーもない遙か昔から伝わる、なれるととても効率のいい糸で布に印をつける方法です

しつけ糸を使って印をつける方法だと数枚重ねても一気にしつけが出来るので便利ですよ。
もっとも容易で、安くできる方法なので是非覚えておきましょう!

型紙の中の印を生地に写す方法です。

糸の取り扱い


手縫い針で生地を縫うとき、一本どりと二本どりという方法で糸を使う方法があります。
一本どりは1本の糸で縫って行く方法。

  
二本どりは、糸の両端をあわせて2本の糸で生地を縫って行く方法です。
今回しつけ糸は2本どりの方を使います。

切りじつけで使用した糸は、後ですべて抜いてしまうので、玉止めはしません。

縫う

型紙のダーツ(立体にするためのつまみ)や角、ボタンの位置など、ポイントとなるところを1~2mmほど縫って印にします


角のところはこのように十字に縫うと角とわかりやすいです。


反対側はこんな感じ
印、といってもすべてを写さなくてはいけないわけではありません。
このようなダーツ(立体にするための布のつまみ)の所は、長さにもよりますが
縫うための基準となる、端と頂点、長ければ途中に1~2か所一針づつ縫ってください。



上側の生地をを、しつけ糸が抜けない程度に広げてください。
5mmくらい糸が見えるように広げてください。


断面図

印と印の間と、布と布の間のしつけ糸を抜けないように気をつけて切ってください。



間を切ったら。抜けない程度に糸を残し、余分を切ってください。
邪魔にならないように叩いたりアイロンでしつけ糸の印の糸の端を寝かせてください。
しつけが必要なくなったら仕付け糸を抜くだけでよいので、生地へのダメージも少なく、あとが残らないので良いですよ!

しつけ糸の使い始めの準備の仕方・糸の取り方

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする