【おさいほう】生地の選び方

本に書かれている素材と同じものを買ったのに

風合いが全然違う!
洗濯したら縮んじゃった!!

と生地選びで失敗した!という方も結構いらっしゃるのでは?

生地はひとくくりに呼んでいるけれど、性質の違うものがあったりするんですよ。

一般的に呼ばれている生地の名称

1)素材名

2)織り方

3)商品名

例外もありますがだいたいこの3つです


たとえば

コットンやリネン綿、麻という 1)素材(原材料)名

ツイルやサテン綾織り、繻子織りという 2)生地の織り方

トイクロスとかベンベルグとかは 3)の商品名(ブランド名)

だったりします。


3)の商品名(ブランド名)であれば色の違いはあれど生地はほぼ同じものですが
1)と2)の場合同じ名称の物でも性質が異なってきます。

それが、本と同じ名前の生地を買ったのに風合いが違う、お手入れで失敗したという原因だったりするのです。


1)素材 コットン(綿)の場合

細い繊維で目を詰ませて織ってある
ブロード(Yシャツやブラウスによくつかわれる薄手生地)と
ざっくり織ってあるガーゼ生地では手触りも質感も違いますよね。

また、2)の織り方

サテンの場合ポリエステルサテンと、綿サテンと、アセテートのサテンでは
質感も違いますし、お手入れ方法も異なります。

つまり生地を選ぶ際は織り方+素材を両方チェックする必要があるんです。

中には絹やアセテート等洗濯をすると変色したり縮む生地や
染め方によって色落ちする(それが味として認知されている)生地等があります。

素材によって生地の幅が異なりますから、たとえばウールやポリエステルの方が綿より1m当たりの値段が高くても、必要とする生地の量が少なく済むこともありますので、かえって綿の方が高くつくこともあります。

普段よく聞く名前の生地でも、素材によっては、性質上
衣類には向かない生地とかがありますから、

生地を買うときは特に『素材(原材料)』をチェックしてくださいね

ちなみにリネンとかジュートとかは麻の種類です。
亜麻(リネン) 大麻(ヘンプ) 黄麻(ジュート) ラミー(芋麻)

次 一般的によく使う生地と性質
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする