全円スカートのワンピースの縫い方

えりの縫い方(スタンドカラーの場合)

えりの表同士が内側になるようにに
重ねて1cmのところを縫ってください。



縫い目を切らないよう0.2cm程はなれた所で、角を切り落としてください。
縫い代を折りたたみ指で押えてから表側にひっくり返してください。

角の出し方


角を無理やり出そうとすると、ほつれてきたりします。

角が出ないのは中の縫い代が整っていないからなので、手を中に入れて、縫い代を角の反対側に軽く引っ張ると、角の縫い代が整って、角を出しやすくなります



表に返して、表から0.5cmのところを縫ってください(お裁縫用語でステッチといいます)



身頃にえりを重ね、5mmくらいの所を縫ってください。

縫い代が1cmの型紙は1cmあけておいてください。
縫い代が1.5cmの型紙の場合は1.5cm開けておく。

は表は裏



表を上にした身頃に、裏を上にした見返しを重ねる。
見返しの端をファスナーの手前5mmで折り返す。
縫ったら縫い代のカーブの所に切込みを入れる。

切込みを入れず見返しを裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)

縫い目を切らないように気をつけてね。

赤紫の部分はファスナーです。



ファスナーを裏に折り返す。
見返しも裏へ折り返す。
えりの縫い目から0.5cmの所を表から縫って見返しを固定する。



手縫いで見返しの端をまつる。

まつり縫い
表の繊維を1~2本すくい、折り返した縫い代を縫う。
0.5~1cmおきに同じように表の繊維をすくうの繰り返しで縫っていく。
表に縫い目が目立たない縫い方です。

すそ

すそのあげ方

アイロンで2cm裏へ折ってください。

すそをあげるときスカートのすそがカーブしていると、カーブの弧は内側と外側では長さが異なるので、

折りあげた時端がだぶついてしまいます。
すその縫い代の2倍の幅の所に印をつけてください。



フレアスカートのようなすそのカーブのきついデザインは左のようにすその縫い代がずれてねじれてしまいやすいです。
こういう場合は、熱接着の両面テープを使うと生地がずれません。

熱接着の両面テープ



印から5mmはなれたところに熱接着の両面テープを貼ってください。


アイロンで出来上がり線で折る。

そのまますそ上げをすると、端の方が出来上がりの長さより長いので、しわがよったり綺麗にすそ上げが出来ません。


このように長さの差がだぶつきになります。



すそから3~5mmくらいの所に、ギャザーをよせてください。



下糸(ミシンのボビン側の糸)を引っ張りながら縮める。

均等に縮めながらアイロンを掛けるとこのように綺麗に落ち着きます。
※カーブのきつい場合は多少ダブつきます。



1.5cmの幅で縫ってください。

こうすると生地がねじれずにすそがあげられます。

そで


この型紙のそで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。
そで山にギャザーを寄せると右側のように立体的なそでになります。

ストレートなそで以外を作りたい場合はこちらから作りたいデザインのそでを選んでください。

ギャザーの縫い方

そでの準備



表が内側になるように半分に折ってください。
1㎝幅で縫ってください


そでは表側が見えるようにひっくり返してください。

裏返したままの身頃の中にそでを入れてください。

脇→肩→印という順に待ち針を刺してください。
そでの山のギャザーの糸を引っ張って長さを調整してください



手縫いで端から7mmくらいのところを縫ってください
縫ったら待ち針ははずしてください。

全部を手縫いで作る場合はここは省略してください



端から1cmの所を縫ってください。

縫い終わったら仕付け糸ははずしてください



試着してそでの長さを確認してください。
問題がない場合

アイロンでそで口を2cm裏へ折って下さい。

1.5cmのところを縫ってください。
多少の調整は中に折る縫い代の幅を増減して調整してください

首の後のスプリングホック



えりの後ろのファスナーの上にスプリングホックを付けてください。

ホックの穴に針を通してください。

利き手で糸を持ち、反対の手で針を固定してください。

針に1周糸を引っかけて輪を作ってください。
糸を引っ張って輪を締めてください。

糸を親指で押さえて針を引き抜いてください。
これを繰り返してください。

こうすると一針一針が強くなりますし、一か所糸が切れてもすべての糸がが抜けたりしなくなりますよ。

縫う数は決まりはありません。
だいたい1つの穴に付き4~8針程度で充分です。

太い糸より細い糸の方が強度が弱いので多めに縫ってください

仕上げに縫い代にしっかりアイロンをかけて完成です。
仕上げのアイロンはしわをのばすよりも、縫い代にしっかり折り目をつけることが重要です。

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする