そでなしのシンプルなワンピースの縫い方

シンプルで可愛いタイトなワンピースです。
落ち着いた色の生地で作れば大人っぽい雰囲気に。
華やかな光沢のある生地を使えば結婚式のお呼ばれワンピース等も作れますよ。

印刷用作り方ダウンロード

えりはピンクの線で切ると
左側のようにえりぐりが狭くなります。

緑の線で切ると右側のように広くなります。
型紙を体に当てて鏡を見ながら、お好みの方で作ってください。

丈の伸ばし方


丈も5cm刻みで線を引いているのでお好みの長さで作って下さい。
長くしたい時はすその下に紙を足して、伸ばしたい分すそに対して平行に線を引いてください。

型紙をもっと改造したい場合はこちら

【おさいほう】部分縫いをデザインから探す
洋服の部分縫いや改造をイラストから探す

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。えりの裏に接着芯を付けるくわしくは縫う前の下準備を参照
模様とかをつけたい場合はこの時点で入れてください。

画像の色の説明

ダーツを縫う


ダーツ(立体にする為のつまみ)を縫ってください。・ダーツの縫い方
ダーツを裏が見えるように半分に折って縫って下さい。
脇側は必ず返し縫いして、先の方は長めに糸を残し、手縫いで真結びして糸を切って下さい。

肩を縫う


前と後を内側が表になるように重ねて、肩を縫ってください。
見返しをつけるまでの流れはベストの縫い方と同じなので動画を参考にしてください


広げてください。肩の縫い代は後身頃側にアイロンで折って下さい。

見返しを縫う


表  
見返しも前と後を表が内側になるように重ねて肩を縫ってください。
広げてください。
肩の縫い代は前身頃側にアイロンで折って下さい。


表にした身頃の上に、裏を上にした見返しを重ねて下さい。
この時身頃の肩の縫い代は後身頃側へ、見返しは前身頃側になるように折って下さいね。
えりとそでぐりでは逆にならないよう注意してくださいね。

見返しの後ろ中心を縫う


見返しのえりの後中心を縫うときは、後中心を出来上がり線より3~5mm脇側にずらし折って下さい。
(洋裁工房の型紙でいうと、ファスナーの所は縫い代が1.5cm付いていますが、1.8~2㎝で折るということです)
こうすると見返しがファスナーのムシ(レール)ギリギリにならず着替えの時に見返しがファスナーのスライダーに食い込んだりしにくくなります。


カーブに切り込みを入れてください。
切込みを入れないと、カーブは出来上がり線と縫い代の端では弧の長さが違うので、引きつってしまいます。
なので縫い目を切らないように切込みを入れてください。

表返す


前身頃と見返しの間からてを突っ込んで後ろ身頃を引っ張り出してください。

ファスナーを縫う


後中心を縫ってください。ファスナーをつけるので、ファスナーつけの所は縫わないで下さい。
後中心を塗ったらピンクの所にコンシールファスナーをつけてください
コンシールファスナーの縫い方はこちら


コンシールファスナーをつけるとき
丸まってるムシ(レール部分)をおこして縫うのですが
なれてないと戻ってムシの上を縫っちゃったという人もいると思います
アイロンを中温にして
裏からアイロンをかけると
ムシが起き上がって縫いやすくなります。

脇を縫う


見返しを広げ見返しの端からすそまでを縫ってください。


見返しを上に向かって折ってください。ファスナーを裏に折ってください。

ファスナーあきの上の見返しの縫い方

 
見返しを裏へかぶせてください。アイロンをかけて形を固定してください。
見返しの端とファスナーの端を手縫いでほつれどめしてください

そでとえりもとのカーブを縫う

表の端から5mmの所を縫って見返しが浮かないように固定してください。

すそを縫う


すその縫い代をアイロンで折って端(ほつれどめしている所)から5mmの所を縫ってください。

すそにフリルをつけたい場合

横 すその長さをはかりすその長さの1.5~2倍の長さ。縦 作りたい長さ+縫い代2cm
横の長さが1.5~2なのは生地の厚みや張りでボリュームがかわるので、ギャザーの寄せ方を参考にボリュームを決めてください。



2枚をつなげてわっかにする。下の縫い代を折り縫ってください。上側にギャザーを寄せてください。

ギャザーの縫い方


内側同士が表になるようにすそと、フリルをかさねて縫ってください。
フリルを表替えして、表から5mmの所を縫ってください。

フリルではなく、レースでも可愛いですよ。

スプリングホックをつける

後中心の一番上にスプリングホックをつけてください。
ホックのつけ方

この型紙で作りました

いるもの

□ 表生地
□ コンシールファスナー56㎝
□ 接着芯 40cm~(布の幅による)
□ 生地にあった色の糸

オススメの生地

コール天

写真のサンプルの生地です
毛並みと縦にスジがある生地です

ポリエステルツイル
ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

ポリエステルギャバ
ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。
軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。

マットサテン
光沢の押えられたサテン。
反射の強いサテンだとデザインによってはパーティーグッズのようになりがちなので、それを避けたい時に。

綿 ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

ポリエステルアムンゼン
柔らかくドレープ感のあるデザインに向いています。
写真の洋服はアムンゼンで作ってあります
化繊なので軽く、しわが入りにくいです。
ポリエステルツイ ルより軽いです。
ややテロテロしているので裁断のとき少しずれやすいです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー