ヒダの少ない三角のマントのつくり方

すそをひるがえさせたり、軽い、薄いを重視するのなら上記化繊が軽くてしわになりにくくオススメです。

リアルを重視するなら、位が高い人ならウール、ジャガードなど、厚みがあり豪奢な生地を。
一般人の旅人風だと綿など天然素材が使われていたと思いますが、天然素材はしわになりやすいので、コスプレには向かないと思います。

このデザインは布を多く使うのと、歩いたり何か動作した時にいかにさらりとなびくかがポイントなので、摩擦力の高い綿生地よりポリエステル等のサラサラした薄手を選ぶのがポイントです.

描き方


マントの型紙の書き方

横に数字どおりの補助線を描いてください。
単位はcmです



横の補助線に対し、垂直に線を引いてください。
数値のところに印をつけてください。



上から4.4cmの印から直角に横に補助線を引いてください。



2.6の印の所から直角に横に線を引いてください。
横の補助線の8.4の印の所からまっすぐに下に線を引いてください。



15.3の線に対し110度の線を引いてください

印刷して使える分度器



2.6の印を頂点として通るように図のようにカーブを引いてください。



首の後の出っ張った骨からメジャーで着たい丈をはかってください。
その長さ分すそに向かって縦線を延長してください。



すそ線がそのままだと両脇が図のように下がるので、鏡をみたり、誰かに手伝ってもらって、中心と脇の差(●)を測ってください。

気にしない人は飛ばしてください。



中心と脇の差(●)分脇を上げて中心に向かってなだらかに線をつなげてください。



縫い代1cmつけてください。

左右対称に2枚づつ計4枚布を切ってください。

縫い方


マントを表同士が内側になるように重ねて1cm幅で縫ってください。



縫い代は左右に広げてください。



裏地と表地を表同士が内側になるように重ねてください。
1cm幅で縫ってください。
表側にひっくり返すためにすそを10cm程度あけて置いてください。



カーブのところに切り込みを入れてください。


表側にひっくり返して、端から0.5cmの所を縫ってください。
裏側のと頃にスナップボタンか、安全ピンをつけて服などに固定してください

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする