【おさいほう】ハトメのつけかた


表用 左が下側 右が上側


裏用 左が上側 右が下側

背が高いほうが裏用、背が低く、マッシュルームのようにフチが内側に丸くなっている方が表用のハトメです。

ハトメには片面ハトメと両面ハトメがありますが、洋服用には両面ハトメを使用しましょう。

片面ハトメは、工具で無理やり裏側を広げて布に固定するので、ハトメの裏側に生地の繊維が引っ掛かりやすく、生地を傷めたり、皮膚を引っかいたりするので、両面の方が安全ですよ。

穴を開ける

はと目をつけたい場所にはと目ポンチで穴を開けてください

ハトメを穴に入れる

裏側用のハトメを、生地の裏から表に出してください。


上から表用のハトメをかぶせてください。
きのこの柄の様な部分が下になるように重ねてくださいね。


裏返して付属の棒を上にのせてください。


この時、フローリングやテーブルの上でやると、テーブルなどに傷が入ります。
雑誌などだと柔らかすぎてクッションになってしまい、しっかり締まりません。
100円均一等で写真のようなまな板を購入するか、かまぼこ板があれば、かまぼこ板を利用するのもいいですよ。


金づちでたたきます。
写真はプラスチック製ですが、金づちの方が締りがいいそうです。
付属のうち棒が短いので、手を打たないように気を付けて叩いてくださいね


大量にカシメやハトメを付けなければならない人は、こういうハンドプレスを使うと静かに軽い力でつけることが出来ます

ただし別途コマという専用の取り付け具が必要です

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする