【おさいほう】フリルのつくり方

ほつれどめをする

フリクションペンという熱で消えるペンがあると便利です。
文房具売り場にあります

※このペンは消えるのではなく透明になるだけなので、光の加減で描いた所が見えるので、今回の使い方と、縫い代の中に隠れるような所以外にはオススメしません


布の上に型紙を置いてフチをなぞってください。

ほつれどめ液を線をまたがるように5mm位の太さで塗ってください。

化繊の場合ヒートカットによるほつれどめも可能です

動画は普通のはんだごての先のまま使っていますが、布用のはんだごて用の刃もあります


洋服の場合ほつれ止め液だけだと摩擦でほつれてくる場合があるのでジグザグ縫いをするとよりほつれにくくなります


フリルの作り方

ほつれどめ液が充分に乾いてからミシンの縫い目の長さを0.3~0.4にふり幅を4~4に設定してください


線の上を細かいジグザグ縫いで縫ってください。



糸を切らないように生地を切ってください。



重なるようにフリルをつける場合は身頃の表側の上に、フリルも表側を上にして重ねて縫ってください。



はみ出すようにフリルをつけたい場合、表同士が内側になるように重ねて縫って下さい。
縫い代が身頃(土台)の下になるようにしてください。
縫い目から2~5mmの所を縫って縫い代を固定してください

関連情報

【おさいほう】ギャザーのよせ方
・ギャザーの縫い方 ・両フリルの作り方 ・ギャザーの分量について 糸の調子を調整する ミシンの縫い目の長さを長くしてくだ...

タックフリルの作り方

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。