【おさいほう】ジグザグ縫いで作るボタンホールの作り方とボタンの付け方

うっかり説明書をなくして、ボタンホールの仕方が分からない!、ボタンホールの押えをなくした!
大丈夫!縫い目の長さを調整できるミシンならジグザグ縫いが出来れば縫える方法です。

でも自動ボタンホール機能は便利なので、自動の機能がついているミシンは使わないともったいないので取扱説明書がない場合は、各ミシンメーカーで説明書がダウンロードできますよ~。

ボタンの男女の前の重なりについて

男物女物でシャツの前の重なりが違いますよね。

洋服は非対称のデザイン以外は基本的に左右対称です。
ボタンとボタンホールの向きを逆にすればいいんですよ。
布を直接体に当ててどちらを上に重ねるか確認して、上に重なるほうがボタンホール。
下に重なる方にボタンをつけて縫ってください。

ちなみに上の1枚目が右前、2枚目が左前で
この前というのは右が前(先に)に来ると言うと言う説があるそうです
向かって右が前と覚えたほうが楽ですね。

ジグザグ縫いだけでボタンホールを作る方法

印をつける

希望の出来上がりボタンホール寸法をチャコペンで布に直接描いてください。

ミシンで縫う

ほつれにくくする芯となる縫い目を作ってください。
印の上を一周直線縫いで縫ってください。


最初に縫った縫い目の左側に針を刺してください。
※)写真は見やすいように押さえ金を外しています




次に、ジグザグ縫いの縫い目の幅(ふり幅・横の幅)を2~2.5にしてください。
縫い目の長さを0.4~5にしてください。
0.3だと食い込みやすくなるので注意

細かいジグザグ模様で縫い目の上を縫ってください。


隣の縫い目の上も2本が重ならないよう注意して縫ってください。


ジグザグ縫いの、ふり幅(横幅)を一番大きくして、縫い目の長さを0にしてください。
5~6針縫ってください。


同じように反対側も縫ってください。

ボタンホールの中の生地のきり方

中を縦に切り込みを入れて完成です。

ボタンの付け方

ボタンはボタンホール側の布の隙間を作らずつけてしまうと着替えにくくなるのでこのように布とボタンの間に隙間を作る必要があります


ボタンのつけ方

なのでこんな感じに糸に余裕を持たせて縫わないといけないのですが初心者だとこのように均等に隙間を空けるのは難しいですよね


そういう場合は何でもいいので紙をボタンホール側の生地の厚みと同じくらいになるように巻いてください



巻いた紙をボタンと生地の間に挟んでください。
この紙の棒をまたぐようにボタンをつけてください。
紙を縫わないように気をつけてね

そのままだと糸がばらばらなので糸を束ねるように3周ほど糸を巻きつけて補強してください。
後は裏に糸を出して玉止めしてください

自動ボタンホールできれいにボタンホールを作る方法

家庭用ミシンでボタンホールを作ろうとすると端がそろわなかったり、斜めになったりして市販のお洋服のようにきれいに仕上がらないことありますよね。

※メーカーによって形や使い方が違うものがあるので、押えによっては当てはまらないものもあります。
これがつかえるか試し縫いをして確認をしてご利用ください。


大体みなさんこんな感じにボタンホールの端と、中心の基準線をかいたり、仕付け糸で印を付けたりしていると思います。

その基準線の所をボタンホールでぬいますよね。


しかし十字の印って、押えをおろすとよく位置が分からなくなりませんか?


そこで、自動ボタンホール押えの幅をはかります。
押えの幅÷2=Aを計算してください


基準線からAcm横に平行線を引いてください。
そして端の線は長めに引いてください。


自動ボタンホール押えの横に細く切ったマスキングテープを貼ってください。

この押えの場合赤の目安の印と同じ横並びの所に貼ってください。


するとAcm横に引いた線に押え金の端を合わせれば斜めにならなくなります。
端の線にマスキングテープの位置を合わせれば、横からなので位置あわせがしやすいですよね。

これで端がきれいにそろいやすくなりますよ。

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー