【おさいほう】家庭用ミシンで縫えるニットの縫い方

ニットってロックミシンがないと縫えないんじゃないの?

そういうイメージの方も多いんじゃないでしょうか?
でもロックミシンを持っている方はほんの一握り。
うさこの洋裁工房では家庭用ミシンだけ使ってニット(伸びる生地)を縫う方法を色々紹介しています。

型紙の写し方

ニット生地に線を写そうとするとどんどん生地が動いて線がずれてしまいます。
そんなときの対処法です。

ほつれどめをする

ニットを普通にほつれどめするとシワがよってしまいますよね
ほつれどめ専用の押さえ金にかえるとシワがよりにくくなります。

家庭用ミシンでニットを縫う方法

ニットを普通の糸で縫うとき、生地の伸びについていけず糸が切れてしまいます。
そんなときはレジロンのニット糸を使用します。

しかしレオタードや全身タイツなどはそのままでは伸縮についていくことが出来ません。
そんな時使うのが三重縫いという縫い模様です。

ニットを伸ばさずに縫う

ニットは縫っているとどんどん伸びたりずれたりして長さが合わなくなったり、伸びたりします。
そこでセロファンを使うと透けているし破りやすいので縫いやすいですよ。
紙でもよいのですが破りにくかったり下が透けて見えないので若干使いづらいです。

縫い始めの所の下にセロファンを敷けば食い込みにくくなりますよ。

ニット糸が切れやすいときの対処法

ニット糸は高速で縫うとねじれが起こって切れることがあります。
そういう時はミカンのネットや、ストッキング、余ったニットやストレッチ素材のはぎれで輪をつくり糸コマにかぶせると切れにくくなります。

ミシンに布が食い込んだときの対処法

柔らかい生地は端が特にミシンの穴に食い込みやすいです。
いざ食い込んだと起動すればいいかを動画にしてみました。

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする