【おさいほう】肩パットのつけ方


肩パットのつけ方

同じ型紙で作った服の肩パットの有無の比較写真を撮ってみました。
自分の作りたいシルエットに近いもので作ってください。
肩パット+芯をつけると、市販のスーツのように肩が丸く柔らかく仕上がります。
ドミット芯とは目の詰まったわたのシートです。
キルト芯よりも密度があってしっかりしています。



ドミット芯をつける場合は横20cm縦3cmに切ってください

角があると表に形がひびくので、角を丸くしてください。


そで山に角を落としたほうが袖口側に向くようにドミット芯をつけてください。


服を裏返した状態でそでの中に芯をつけてください。


縫う場所は縫い代より外側を縫ってください。


縫い方は手縫いでどんな縫い方でも構いません。
ただ、出来るだけ布に対して垂直になるようにして縫ってください。


肩パットは物にもよりますが左右対称ではないものは厚みがある方が前、薄い方が後です。

肩山も中央ではないので、中心より1cm前側に印をつけて、そこを肩の縫い代にあわせてください。



トルソーをお持ちであればトルソーに着せて、しわが入らないようにピンでかたパットの位置を固定してください。


ポイントは肩パットを出来上がり線より5mmはみ出させる事とです。
これでそでが肩パットの上にのって丸くなります

手縫いで返し縫いをしてそでぐりの縫い代に肩パットを縫い付けて下さい。

反対側は手縫いで3~4回肩の縫い代に縫い付けてください。

お好みでそでなどにもボタンをつけましょう  ミシンのボタンホールの機能の使い方がわからないという場合は、ボタンを飾りにして、スナップボタンで固定するという方法もあります

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー