【おさいほう】ダーツの縫い方

体にそった立体的なお洋服を作ってみたいけど、いったいどうやったら平面の布が立体になるの?
洋裁をはじめたばかりのときは全く想像つきませんよね。
でも実は布を半分に折って直線で縫えば立体的になるんですよ。
直線なら簡単そうな気がしてきたでしょう?

洋服は単純な作業の組み合わせで出来ているんですよ~


型紙から写したこのひし形や三角の所を縫うと図のように縫い合わせた分細くなって、体にそったシルエットにすることが出来ます

洋裁用語で洋服を作る時に布の内側を縫いあわせて体に沿うようにしている部分の事をダーツと呼びます。

印のつけ方

布の裏側に型紙を重ねて印をつけてください。

なれていないうちはまっすぐ縫うのが大変だと思うので、線を引いてその上を縫うといいですよ。

縫い方

すそまで切れている部分の縫い方

切れ目を基準に半分に折って、縫い代を合わせてください。
縫い代をぬってください。

胸の横に入ったダーツの縫い方

三角の部分をちょうど半分になるように上下に折り畳んでください。
折り畳んだ状態で書いた線の上を縫ってください。

生地の途中にあるダーツの縫い方

スカートのウエストのダーツの縫い方

きれいに縫うコツ

A

ダーツを縫うときに写真の様に最後の数針を折り目に対し平行に縫い、返し縫をせず真結びをした後に余分な糸を切って下さい

生地は斜め方向に伸びる性質があるので、伸縮率の高い生地の場合ダーツを縫うとよじれたりすることがあります。
その場合上にセロファンを重ねて縫うと綺麗に縫えますよ

一般的に縫われている縫い方

B

知らないと先まで斜めまっすぐ縫ってしまうと思います。

Bの写真のようにまっすぐに先まで縫ってしまうと、ダーツの先にえくぼが出来てしまい見栄えが悪くなってしまいがちです。
(サンプル用の生地だと分かりづらいですが)

Aの方がダーツの先が自然に消えているのが分かると思います。
ちょっとしたコツですが覚えておくといいですよ!

洋裁用語

da ダーツ【おさいほう用語】
よみがな だーつ ざっくりとした説明 平面の布を体にフィットするよう、生地をつまんで...
【おさいほう漫画】ダーツ(立体にするためにつまむ場所)の印のつけかた
型紙の内側の印をつけるのはどうすればいいんだろう?
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー