【おさいほう】スカートの見返しの作り方

デザインによってはウエストベルトのないスカートを作りたいときがありますよね。
そのときのウエストの縫いしろの補強と処理の仕方です。

型紙を用意する

こんな感じのスカートの型紙があるとします。
例)タイトスカートの型紙

写す

ウエストの上に紙を重ねて、上と横の線を写してください。
ダーツ(立体にするためのつまみ/Vの所)の線も写してください。
ウエストに平行に4~5cm線を引いてください。

ダーツの線で切り離す

スカートの場合生地の途中までを縫って立体にするので切り落とせませんが、この見返しの場合線が途中で切れていますね。
なのでこの線で切り離して型紙をくっつけてしまえば、最初から立体になった型紙になります。

補正をする

そのままだとダーツのあったところが角が出来てしまうので、なだらかになるように線を補正してください。
ここは厳密にならなくても何の支障もないのでなだらかになればよいです。

左右対称に写す

こういう細い部品は紙に写して型紙自体を左右対称になるように作ってください

布は紙と違って厳密にまっすぐに折りにくいですし、布の厚みでズレが生じやすくなります。


生地によっては厚みが5mmを越えるものもあります。
この場合傾きだけでなく見返しの幅も変わってしまうことがあるのです。
なので型紙自体を左右対称に作って出来るだけ型紙どおり布を切れるようにするのです。

関連ページ

【おさいほう漫画】型紙を出来上がりの形で作るとうっかりな失敗が減るよ
初心者は「わ」で取るとかかいてある型紙は布を半分に折って作るより型紙を別の紙に写して、紙の状態で左右対称にすると綺麗に作れるよ
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー