【おさいほう】ピンタックブラウスの縫い方

印刷用説明書ダウンロード

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備
【おさいほう漫画】接着芯はどれを選べばいいの?種類と組合せ 
接着芯って色々あってどれを選べばいいのかわからないよ~という方も少なくないはず
【おさいほう漫画】接着芯の貼り方
後で接着芯を貼るとアイロン台に接着剤がついて汚れたりしやすいので先に貼るのがオススメだよ

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

表  

布はしのほつれどめ



縫い代を折る

上の図の点線のところで半分に折る。

カフスをアイロンで図のように折り目をつけてください。

http://yousai.net/nui/kihon/pintack/pintack1.jpg

ピンタック用の前身頃に印用の穴を開ける。

山折と谷折りの穴の位置をずらしておくと間違えにくいですよ。

型紙を生地の表に重ね印を付けて、切る。
ピンタックの上下ははさみで切込みを入れると早い。
印の数は持っている物差しの長さで変えてください。
1m位の長い物差しをお持ちであれば、上下だけでもかまわない

左は表を上にした生地の上に型紙を重ね印を付ける

右はヒダの向きが逆になるので、型紙を裏返して印を付けてください。

アイロンでお好みの数山折り谷折りしてください。

完成どおりに折り目をつけて、山折り5mm位の所を縫ってください。

ピンタックを縫ったものの上に前中心の裁断用の型紙を重ねてください。

型紙のピンタックの目安ラインと生地のピンタックを合わせるように重ね、重石(おもし)を置いて固定して印をつけて切って下さい



↑これを広げると↓こうなる。

身頃のと前身頃脇を内側が表になるように重ねてください。(これを洋裁用語で中表といいます)

赤い線のところを縫ってください。

後身頃と後身頃脇は青い所を縫ってください

縫い終わったら縫い代をアイロンで左右に折って下さい。

←縫い代を左右に広げる事を割るといいます

見返しの両肩を縫う
(分かりやすいように片方だけ縫い付けている図です)
実際は両方縫ってくださいね。

表が内側になるようににあわせ、身頃の肩と脇を縫う


えりは裏表が分かりにくくなりやすいので裏に隠れる方のえりに仕付け糸で2~3cm縫ってください。玉止めはいりません。

これをしておくと後で楽です


えりを縫ってください。

表えりに台えりを裏を上にして重ねて縫ってください。

切込みなどの印をあわせて縫ってくださいね

縫い代は上下に折って下さい

若干台えりの形が違いますが参考にしてください

シャツカラー2見返しの縫い方

シャツカラー3 台襟の縫い方

シャツカラー4 表えりの縫い方

シャツカラー5 表えりのフチを縫う

 図1
 図2

えりのゆるみを作る理由。

このタイプのえりは図のように表に折り返すためのカーブと
首にそったカーブ(図1)がありますね?

外側のカーブと内側のカーブでは外側のほうが長く、内側が短くなります。

なのでその分を補うために2~3mm表になるほう(外側に折り返すほう)を内側に入れ込んで、長さを調節する必要があります。

これをしないと図2の右のえりのように引きつってえりの先がぴょこっとあがってしまうので注意が必要です。

表返して端から5mmの所を縫ってください。

印がある方へえりに付ける部分の縫い代を折る。

この時えりがずれます。
このずれが折り返しの緩みになります

上で出来たずれを、そのままに端から0.5cmの所を縫う

印を付けていない方のえりを上にして身頃に重ねてください。

端から5mmの所を縫ってください。

えりの端は、身頃の印に合わせてください。

ここからはスタンドカラーの縫い方動画の縫い方が参考になると思います

見返しを裏を上にして重ね縫ってください。

えりの縫い代のカーブの所は切込みを忘れずに。

切込みを入れず見返しを裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)

縫い目を切らないように気をつけてね。

縫い代の角を切り落とします
角を折りたたむようにして表返してください。

すその角も切ってください。

えりをよけて端から3~5mmの所を縫う。

アイロンですその縫い代を折る。

縫い代の幅より0.3~0.5mm短めの所を縫う

裏の見返しの端をまつっておくとより綺麗に裏の始末が出来ます。まつりぬい。

表の繊維を1~2本すくい、折り返した縫い代を縫う。
0.5~1cmおきに同じように表の繊維を救うの繰り返し

ギャザーの縫い方

パフ部分と裏地のそでの上下にギャザーを寄せてください

そでを二つ折りにして縫ってください。

カフスも脇を縫ってください。

表にひっくり返してパフの中に裏地を入れてください

そで口のギャザーを縮めてカフスと同じ長さになるように調整してください 。
引っ張るのは下糸を引っ張ってください。
上糸を引っ張ると糸がしまってギャザーを寄せにくくなります。

表が見えるようにパフと、裏地を重ねたまま一緒に裏が見えるようにカフスを重ね縫ってください。

http://yousai.net/nui/kihon/pintack/pintack21.jpg

http://yousai.net/nui/kihon/pintack/pintack22.jpg

http://yousai.net/nui/kihon/pintack/pintack23.jpg

カフスをアイロンでつけた折り目どおりに折り返してください。

そで口とカフスの境目から5mmの所をミシンで縫ってください。

慣れていない場合はしつけ糸で境目から2~3mmの所を手縫いしてから、ミシンをかけるといいよ。

お好みで袖口にレースやフリルをつけて下さい。

そでを身頃の中に入れて、そで山と脇をピンでとめてください。
ギャザー縫いの糸を引っ張って長さを調節しながら均等にピンを刺してください。

慣れていない人は端から7mmのところを仕付け糸で手縫いしてください。
縫い目の幅は1~1.5cmくらいの大きな縫い目で縫ってください。

そでを1cmの幅で縫ってください。

そでがついたらしつけ糸は抜いてください。

そでの付け方

前合せにホタンをつけて完成です。
ボタンの穴のあけ方はミシンによって違いますので、ミシンの説明書を参照してください
分からない場合は→ボタンホールの作り方

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする